HOME » 軽自動車の下取りに関するノウハウを学べ » 下取りのコツさえ分かれば高額査定も夢じゃない

下取りのコツさえ分かれば高額査定も夢じゃない

コツを押さえて高く下取りをしてもらおう

車を下取りさせるとき、ちょっとした工夫を加えることで査定価格を大きくアップさせられます。

世間一般に知れ渡っているようなアップ術「以外の」方法をお教えします。

 

 

 

下取りに出す前の下調べが肝心!

車を下取りに出す際は、買取店を複数ピックアップし、どの店舗を利用するのか下調べをしておきましょう。買取に関する部分やスタッフの対応などをチェックし、自分の理想に合った買取店を見つければ、査定価格を含め、あらゆる部分で満足のいく結果が得られます。

その上で、以下の部分もしっかりチェックしておきましょう。

下取りに適した時期を知っておく

「この時期に車を下取りに出せば高額査定が期待できる」という時期があるのをご存知ですか?1年の内、車を高く売れる時期がいくつか存在します。例えば、決算期の3月や夏のボーナスの直後の9月です。これらの時期は、新車中古車問わず売買が盛んになるので、高額買取が期待できるのです。

さらに、買取店を探す際は売りに出す車の種類、わかりやすく言えばベンツやポルシェといった車を専門的に取り扱っているところがオススメです。幅広い車種を取り扱っている業者よりも高く買い取ってくれるはずです。

自分の車の査定相場を調べる

車の買取価格には、車種別に「査定相場」というのがあります。車の査定相場は、買取に出す買取店選びをする上で、大いに役立ちます。なぜならば、目星を付けている買取店が、相場よりも高く買い取ってくれるかどうかを見極められるからです。

また、査定相場を調べるには、査定相場をネット上で調べられる無料査定サイトがオススメです。画面上で車のメーカー、車種、年式、走行距離、そして個人情報を入力するだけで簡単に査定相場が分かるシステムとなっています。

相場を踏まえた上で複数社から見積もりをとる

ネット上には、複数の車買取店からの査定価格を知ることができる、「一括査定サイト」というジャンルのサイトがあります。査定を依頼する買取店の数は自分で調整することができますが、最低でも3社以上とは途中まで交渉を進めていくようにしましょう。その意味とは、ズバリ「買取店同士の競合」があるからです。買取店は売り手となる人間を逃さないよう、他店より少しでも高く買い取ろうと査定価格を上げるのに躍起になります。そのため、こちらとしては万々歳なのです。

急がないことが最も大切

車を買取に出す人は、得てして「早く買取を済ませて現金を手に入れたい」と考えがちです。そのような考えを先行させてしまうと、ついつい買取店探しや買取に出す時期を疎かにしてしまう傾向にあります。

また、買取店から査定価格を提示されたときに、買取店側が「今正式に売却してくれるならこの価格より◯万円アップさせます」と迫られることもあります。

そこで勢いに任せて行動に出るのは、とてももったいないです。なぜなら、もう少し根気よく探せば、より高い値で買い取ってくれる買取店が見つかるかもしれないからです。特定の車種の売買を専門的に行っている買取店をはじめ、高額査定を期待できる買取店を粘り強く探すことをオススメします。

実際に下取り査定に出す前に~下取りUPのための交渉術~

下取り査定を依頼する買取店の目星が付いたら、その前に買取を有利に進めるための交渉術を覚えましょう。

そこで、有効的な交渉術のノウハウを紹介します。

下取り査定交渉のポイント

下取り査定の額を上げるための交渉術のコツは、以下の通りです。どれも誰でもできる簡単なものなので、ぜひ実践して高額査定を引き出しましょう。

1.自動車のアピールポイントはしっかり伝えておく

新車でない限り、車の状態や価値には差があります。傷や事故歴の有無、禁煙車であるかどうか、走行距離など、挙げればキリがありません。

車の買取店は、これら1つ1つを査定ポイントとしてくまなくチェックしていきます。マイナスポイントがあればあるほど査定価格がどんどん下がっていきます。ただ、逆に良いアピールポイントがあれば高額査定を引き出すのに大いに役立ちます。

どのようなものがあるのかというと、以下のようなケースが挙げられます。

  • 禁煙車である
  • 修復歴が0である
  • 仕様が純正品中心である
  • 故障している部分が無い
  • 走行距離が少ない(目安は5万キロ以下)
  • 整備手帳を定期的に記しておりそれを残している

2.希望額はあえて言わないでおく

車の売買を専門としている業者に限ったことではありませんが、交渉をする上で嘘を付いたり何かを誤魔化したりするのはNGです。ですが、言わなくてもいいことを言ったり、それこそ直接希望額を言ったりするようなこともよろしくありません。

基本的に買取店側は相場よりも安い値を提示してきます。こちらから希望額を伝えていろいろ交渉しても、買取店側は相場を把握しているので、その額より安いか、もしくは相場ギリギリの査定価格を付けるでしょう。

だからこそ、あえて「希望額を言わない」という選択を取りましょう。そうすれば買取店側から先に査定価格を言うはずなので、それに対して応戦する姿勢を取るのです。相場よりかなり高い価格に上げようとしても難航するだけなので、最終的に業者側が提示する額より1割ほど高い値を提示しましょう。ポイントとしては「別のところは◯◯万ほど提示してきたのですが~~」という感じの文句を並べればOKです。

3.【2の応用編】あえて高めの額を申し出るのも効果的です

当たり前のことですが、車の売買を行っている専門業者は車に関する知識だけでなくトークスキルにも長けています。そのため、初めて車を下取りに出す人は、その巧みなトークスキルに引きずり込まれ、相場よりも低い査定価格に了承する恐れがあります。

それを防ぐための方法をズバリ教えしましょう。

まず、一括査定サイトを利用して、売りに出す予定の車に最高でどのくらいの価値が付くのかチェックします。それを確認した上で、買取店との交渉に入りましょう。

買取店側は、どこがそのような査定価格を付けられたのか、と質問してくるかもしれませんが、正直に答える必要はありません。知人や親戚などから聞いたと誤魔化しておけばよいのです。

これらの踏まえることで下取り査定はどのぐらい高まる

上に紹介した方法を実践すれば、下取りの時の査定価格は期待値を上回るはずです。

しつこいようですが、買取店側は査定時に相場よりも安い値を提示してきます。この実践術を駆使して粘り強く交渉すれば、査定額を大きくアップさせることも十分可能です。交渉次第では査定額を20万円近くアップさせたというケースもあります。逆に言えば、それほど買取店側は安い査定価格を付けてくるということです。

大事に乗った愛車だからこそ、できる限り高値で買い取ってもらえるよう努めましょう。

高額買取ができる軽自動車と普通自動車の違いを紹介!

軽自動車は「リセールバリュー」が高い

「リセールバリュー」が非常に高い軽自動車は、高く売ることができます。リセールバリューとは、中古で売るときの価値がどれだけ高いのかを意味する言葉です。

たとえば、リセールバリューが60%なら、200万円で購入した車を売るとき120万円で売却できるということになります。

車種やカラー、売却時の走行距離などによって実際の売却額は変わるものの、人気のある軽自動車の場合、リセールバリューが70%、ものによっては80%を越えることも珍しくありません。普通自動車のリセールバリューが50%前後であることを考えると、驚異的な数字と言えます。

つまり、「軽自動車は普通自動車よりも中古価格が落ちない」ので、高額買取を期待できるのです。

幅広いニーズに応えているから人気がある!

軽自動車は、オプションの豊富さ、車種の多さ、デザインの種類、同型車でも別カラーの展開など、さまざまな違いをもっています。

極端な話、同じ車でもオプションや改造の仕方によっては、子どものいるお母さんが買い出しに行くための車になったり、本格的なアウトドアを楽しめる車中泊可能な車になったりするのです。

一方、普通自動車は軽自動車ほどオプションのやりくりができません。走るための車なので、多機能さやオプションの豊富さでは軽自動車に一歩劣ります。

「欲しい」という人が多いからこそ、中古市場でも人気があり、リセールバリューが高いのです。

普通自動車よりも「税金・維持費」が安い

軽自動車が中古市場で普通自動車よりも人気をもつ理由には、税金や維持費の違いもあります。平成28年度から軽自動車の税金は高くなりましたが、それでも1台あたり「10,800円」です。

普通自動車の場合、排気量1リットル以下でも29,500円かかります。排気量が増えれば増えるほど税金も高くなっていくことを考えると、自動車税の安い軽自動車が人気になるのは当然でしょう。

おおよその目安ですが、軽自動車は車体重量が1トン以下のものばかりです。一方で、普通自動車は車体重量が1トンを越えるものもたくさんあります。車体重量が増えれば増えるほど、ガソリン1リットルあたりの燃費は下がっていくため、基本的に普通自動車よりも軽自動車のほうが高燃費です。

国内向けの車なので海外のリスクを気にしなくてよい

軽自動車は、新車でも中古車でも価格が安定しています。これは、軽自動車が国内向けの商品であり、輸出用の普通自動車と違って為替の変動リスクなどを考える必要がないからです。

同じ車が為替の影響で高くなったり安くなったりすることがないという安心感も、リセールバリューの高さを維持するのに一役買っています。

きれいなまま買い換える人が多い

軽自動車は、各自動車メーカーが力を入れている商品です。毎年のように新車や新カラーが出てくるため、「まだ新しいけど乗り換える」という人はたくさんいます。そうすると当然、新しい車は高く売れるので、リセールバリューも高くなるのです。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ