HOME » 軽自動車の下取りに関するノウハウを学べ » 流れや必要物は事前に把握しておくべし

流れや必要物は事前に把握しておくべし

下取りをスムーズに行うためにも手続きの流れを確認しておく

車の売買には、様々な手続きが必要となります。下取りにおける手続きは購入よりも楽、なんてことはありません。

ただ事前に業者に連絡をし、書類をはじめ必要な物を準備しておけば、下取り当日は、焦ることなくやり取りをスムーズにこなすことができるでしょう。

そこで、ここでは下取りの流れや必要となる書類などを紹介していきたいと思います。

下取り手続きの全体的な流れとは

車の下取りの流れは以下の通りになります。

  • 購入する車の決定
  • 下取りを依頼する車があることを買取店に伝える
  • 下取り車の査定を依頼する
  • 購入者の価格決定

車を下取りに出すときは、そのお店で新しく車を購入することが前提となります。そのため、下取りを依頼した車の査定額が購入する車の価格から引かれる、ということになります。

どんなに急いでいても、お店を適当に決めたり、買取店側が提示した査定額を見て即決したりしないよう注意しましょう。もちろん、適当に決めたところが優良な買取店だったり、高額査定をしてくれたりする可能性もありますが、一括査定サイトの利用や査定価格をアップさせるための下準備をするに越したことはありません。

下取りの手続きに必要となる書類を揃えておく【売却編】

車を下取りに出すとき、手続きをする上で必要となる物がいくつか出てきます。以下のものを手続のある日までに用意しておきましょう。

自動車検査証

いわゆる「車検証」です。これが必要となるのは、車検が残っている場合か、もしくは一時抹消登録していない場合です。既に廃車としている場合は、自動車検査証の代わりに一時抹消登録が必要となります。

また、紛失している場合は、運輸支局に依頼して再発行してもらいましょう。費用は再交付申請手数料の300円のみで済みます。

自賠責保険証明証

自賠責保険とは、強制保険の加入証明書のことです。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりすると車を下取りに出すことができません。そういった場合には、再発行をする必要があるので、加入した保険会社に再発行してもらいましょう。

自動車税納税証明書

自動車納税証明書は、簡単にいうと自動車税を納付したことを証明する書類のことです。下取りに出す車が軽自動車であれば、「軽自動車納税証明書」という名称になります。
こちらの再発行先は、自動車税管理事務所となります。

実印・印鑑証明書

車を下取りに出す際、譲渡証明書や委任状などに印を押す必要があります。その時使用する印鑑は、実印です。また、その印鑑が実印であることを証明するために「車所有者の印鑑登録証明書」が必要となります。(※印鑑登録はお住まいの地域の市町村役場でできます。)

ちなみに印鑑登録証明書は、車の売却、購入ともに必要となる書類です。つまり、車を下取りに出すときは、2枚必要になります。二度手間にならないよう、しっかり覚えておきましょう。

譲渡証明書

譲渡証明書は、文字通り対象となる物(車)を自分以外の人間に譲渡・名義変更する際に必要となる書類です。

こちらは他の書類などとは異なり、下取り先となる買取店のディーラーが用意してくれます。

リサイクル券

2005年に自動車リサイクル法が定められたのを機に、新車の購入時や廃車を出すときには、リサイクル料を負担しなくてはならなくなりました。そしてこのリサイクル料を支払ったときに発行してもらえる証明書というのが、リサイクル券なのです。

リサイクル料は、新車購入時、中古車購入時、車を車検に出したときのいずれかのタイミングで必ず支払っています。もし手元にリサイクル券が見当たらないという場合は、自動車リサイクルシステムの公式HPでの再発行が必要となります。

このような自動車は下取りに出せません

車の下取りは、状況次第ではできない場合があります。例えば、自動車納税証明書の有効期限が過ぎている場合。また、自動車税を滞納している場合も下取り依頼は却下されます。

納税はしたけど納税証明書が見当たらないという場合は、自動車税管理事務所や県税事務所に問い合わせて、支払っていることを確認してから再発行してもらうと良いでしょう。

下取り手続きに必要となる書類を揃えておく【購入編】

基本的に、車を下取りに出すときは、その買取店で新しい車を購入する運びとなります。そのため、購入手続きも同時に行う必要があるのです。

購入時には、下取り時に必要である印鑑証明書や印鑑、車庫証明書が必要となります。ちなみにこの車庫証明書とは、車の保管場所を証明する証書のこと。警察によってその場所が確認された後、交付されます。

なお、下取り先となる買取店が購入手続きを行う際には、申請の代行をしてくれる場合がほとんどです。もし自分で用意したいのであれば、証明する上で必要となる書類を警察署にもらいに行きましょう。

車庫証明書を発行してもらうまでの手順

車庫証明書を自分で用意する手順は以下の通りです。

STEP①車庫がある場所(地域)の警察署へ出向く

まず、車庫がある地域の警察署に行き、車庫証明の申請書をもらいに行きます。当然その時点で車庫を申請する場所を決めておく必要があります。自宅と駐車場が2km以上離れている場合は申請不可となるので注意しましょう。

STEP②申請手続きにかかる料金と一緒に書類を提出

申請書にある必要事項を全て記入したら、申請書をもらった警察署の窓口に提出しに行きます。この時、地域によって異なりますが、2,000円~3,000円の申請手数料が発生します。また、住民票や運転免許証のような、住所と本人が確認できるような物も必要となりますので覚えておきましょう。

以上、これらのやり取りが全て済んだら、車庫証明書の交付日を教えてくれます。

STEP③車庫証明書の受け取り

指定された交付日に申請書の申請を行った警察署に行けば、車庫証明書の受け取りができます。この時、印鑑が必要となるので、忘れないようにしましょう。

下取り手続きにかかる費用も調べておく

車を下取りに出す買取店との手続きの中で、諸費用を支払う場面がいくつか出てきます。例えば、下取査定料や名義変更にかかる費用などです。買取店側の人件費や手数料と捉えてよいでしょう。ちなみに、これらはそれぞれ、10,000円前後かかります。

買取店によって額も違いますし、場合によっては大きく値引きされることもあります。ただし、後々面倒なことにならないよう、これら諸費用を含めた総費用を事前に算出しておくようにしましょう。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ