HOME » 軽自動車の下取りに関するノウハウを学べ

軽自動車の下取りに関するノウハウを学べ

10年落ちの軽自動車は買値が付かない!?どのように処分する?

軽自動車の寿命は、一般的に10年もしくは10万kmだとされています。この年数や走行距離に近づくにつれ車としての性能や状態が落ち、買い替えを意識する人がほとんどです。しかし、長く乗った分、それだけ愛着が湧くということもあり、「少しでも買取価格を高く付けてほしい」と考えると思います。
しかし実際のところ、製造販売から10年経過した軽自動車は値段が付かないケースも多分にあるのです。

10年落ちの軽自動車~買取額の傾向とは~

一般的に、10年落ちの軽自動車は買取額が付かないとされています。

その理由として、最新の車種に比べ機能性に欠ける、型が古い、整備状態が悪いという事があげられます。なので、個人間でなんとか売れるかな、という感じです。

しかし最近は国内の軽自動車の人気や性能が高まっているという背景から、10年落ちのものや走行距離がそれなりにあるものなども需要を高めてきています。だから、買取店に査定してもらう価値は十分にあるのです。仮に買取価格が数万円ほどと査定されても、廃車に出すよりは幾分ましだと言えます。

買取りができない場合の対処法【廃車OR下取り】

大前提として、下取りと買取りは双方に大きな違いがあります。簡単に言うと、下取りとは売却したお金を次の車の購入費用にあてることを言い、買取りは売却のみとなる行為のことを言います。それを踏まえて考えると、今後も引き続き車を所持したい人は下取りという選択肢もあります。

車を廃車に出した場合、解体業者に依頼する費用や手続きなどに諸費用を要します。下取りを依頼したとき、買取り不可とみなされた場合、廃車代を請求される可能性がありますが、それでも買取価格を付けてもらえる可能性があるなら、下取りを前提に査定を依頼すべきです。

複数の買取店に対し下取りの可不可や相場を調べておけば、満足のいく下取りができるので、必ず実践しておきましょう。

下取りで軽自動車を購入する際のメリットとは

軽自動車の購入もしくは、普通自動車から軽自動車への買い替える場合、パワーの小ささや車内の広さなどのデメリットを大きくカバーできるほどの大きなメリットがあります。それはコストパフォーマンスの高さです。

軽自動車の年間維持費は普通自動車の約半分ですし、また高速料金も普通自動車より安く設定されています。使用期間が伸びれば伸びるほど、その分の維持費も普通自動車のそれと大きな差が出てきます。さらに、以前より言われていた安全性能の面に関しても、普通自動車に劣らないレベルに上げようと多くのメーカーが性能追求に努めています。

これらのことから、軽自動車にはコストパフォーマンスの高さを中心に大きなメリットがあることが分かります。

下取りはどこで出すことができる?

車の下取りを依頼できるところは、主に3種類ほどあります。以下が主な下取り依頼先です。

  • 街中にある車屋及び買取専門店
  • ディーラー
  • 買取一括査定

街中にある車屋及び買取専門店

車を取り扱っている専門業者という意味では、車屋や買取専門店は昔からある最もオーソドックスな場所といえます。直接的に手続きを交わせるので、売買に関する交渉がしやすく、中古車を購入したい旨を伝えるといろいろ優遇してくれる傾向にあります。ただ、競合する買取店を引き合いに出さないと査定額を低く見積もられることがあります。

ディーラー

ディーラーは車屋とは反対に、新車の値引き交渉に融通を利かせてくれる傾向にあります。また、難しい手続きを任せられるので、車なしの期間ができることもありません。ただ下取り相場はやや低めです。しかし、そのディーラーで車を乗り換えるつもりなら、査定額が高くなる可能性もあります。その場合、新車を購入する際の割引と、下取額を併せて交渉される事が多いようです。

買取一括査定

買取一括査定は主にネットサイトを通して行う買取り方法で、現在利用者数が増えてきています。複数の買取店が査定してくれれば、こちら側が何もしないでも一番高く査定してくれるところと手続きを交わせます。逆に言えば、買取店が多く見込めなければ予想していたほどの高値が見込めないこともあります。

高く下取りしてもらうなら一括査定サイトで決まり

「とにかく高値買取りを成功させたい!」という願望があるのであれば、一括査定サイトを通して買取を行うべきです。と言うのも、車屋や買取店、ディーラーなどが「少しでも安く下取りしよう」と考えているのに対し、一括査定を通して査定を依頼された会社は他社よりも高く買い取ろうと考えているからです。そのため必然的に査定額が上がる傾向にあるのです。

時間的に余裕があり、何より高値買取りを成功させたい場合は、一括査定を利用しましょう。

下取りのコツさえ分かれば高額査定も夢じゃない

車を専門業者に下取りに出すときは、なるべく高値で買い取ってもらえるよう、様々な部分に工夫を加えましょう。下取りに出す前に下準備をしたり交渉をするときにうまくやり取りをしたりすることで、査定価格がグッと上がります。

下取りで高く買い取ってもらうためには?>>

流れや必要物は事前に把握しておくべし

車の下取りには、様々な書類が必要となってきます。これらを事前に把握したり用意したりしておかないと、当日スムーズに手続きを進めることができなくなります。場合によっては、一度行った場所に再度向かわなければならなくなる可能性もあります。そのような事態を防ぐためにも、ここで車の下取りに必要となる物を覚えておきましょう。

効率よく手続きを進めるための事前準備について詳しく>>

買取店に出す前に把握しておきたいポイント~下取りと買取の違い~

車の下取りと買取とでは、内容や手に入る額などが大きく違ってきます。ただ総じていえるのは、買取店に車を売りに出すときは、事前に相場を確認しておいたほうが良いということです。このサイトで下取りと買取の具体的な違いや車の相場を決める「査定ポイント」について見ていきましょう。

買取と下取りの違いとは?>>

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ