HOME » 軽自動車の買取価格相場をリサーチしよう » 走行距離で売却価格が変動する~軽自動車の売却時期~

走行距離で売却価格が変動する~軽自動車の売却時期~

車を高く売るために知っておくべきこと

日本では走行距離の多い自動車は壊れやすいとされ、あまり人気がありません。しかし、そんな中古車もあることを意識することで通常よりも高く売ることも十分に可能です。ここでは軽自動車を高く売却することに関する情報を紹介していきます。

走行距離の多い軽自動車は売れない?

よく走行距離を見て中古車を購入しようかどうか考える人がいます。走行距離は、中古車を買う上では1つの重要な要素となるものだといっても過言ではないでしょう。

走行距離が10万キロもいっている車であれば、日本ではあまり需要がありません。というのも、10万キロも走った車は壊れやすいと考えられることや、車検費用が高いという理由があるからです。このことから、10万キロ走った軽自動車を売り、新しい車に乗り換える人も少なくありません。

その際に、10万キロ走った車を売却しようと考えることでしょう。しかし、需要がないから売れないだろうという思考の人もいます。ところが実際は、10万キロも走った自動車でも数万円で売れるのです。

理由としては、海外に販売するからだといえます。海外では、10万キロ走った日本車でも十分需要があるのです。さらにメンテナンスもしっかりしてる自動車であればさらに高く売ることも可能となります。

高く売るためにできること

もし車を高く売りたいのであれば、中古車ディーラーにすぐ持ち込まないようにしましょう。現在不必要になり売ろうと考えている車は売る場所を選べばそれなりに満足のできる金額で売却できます。基本的にはまず、中古車買取の専門店へ行き売却の相談をするようにしましょう。

また、査定を出す際も一工夫必要です。工夫というのは、1社だけに査定を出さず、複数の会社に査定を出してもらうというもので、ネットで一括見積りサイトを活用すればそれが可能となります。一括見積りをした上で比較し、一番高く買取ってくれそうな会社を見つけましょう。

他にも、車内の脱臭や洗車、車内の掃除をすることでも査定額に影響してくるので、見積りに出す前にしっかりと清掃しておきましょう。

買取をしてもらうために必要な書類

買取してもらうために必要な書類は2つあります。まず1つ目は認印です。2つ目に軽自動車納税証明書となります。軽自動車を売却する際はどうしても必要になるものなので忘れずに用意しておきましょう。

軽自動車の走行距離を把握しておく

車の走行距離といわれているものには主に2種類あります。

  1. ODOメーター(総走行距離)
  2. トリップメーター(区間走行距離)

ODOメーターは総走行距離を測っているメーターです。つまり、車を作ってから、今まで車が走ってきた距離を表示しているメーターということになります。このODOメーターは基本的に数字を減らすことやリセットするということができないようになっています。

しかし、稀にリセットされているものもあり走行距離の偽装が行なわれていることもあるのです。走行距離を0にするというやり方はやや極端ですが、走行距離が0の場合10万円で中古車が売られていれば買う人も多くいることでしょう。

ちなみに、このODOメーターには機械式と電子式の2種類があります。

ODOメーターとトリップメーターは一緒に表示されているものと、どちらか片方のみ表示されているパターンがあります。片方のみが表示されている場合は、ボタンを押し表示の切替えをして、もう片方のメーターを見ましょう。

メーターの表示を切り替えるためのボタンの位置は、大体メーターの周辺にあります。基本的には、ボタンが飛び出しており見てすぐに分かるようになっているはずなので、見つけるのに苦労はしないことでしょう。

しかし、車種によってはボタンが付いている位置が全く異なるものもあります。もし探しても見つからなければ、自分の車種をネットで調べ、どこに表示を切り替えるためのボタンがあるか検索してみましょう。

軽自動車を少しでも高く売ることができる時期を知る

軽自動車は年式が古くなればなるほど査定価格が落ちてしまいます。また、走行距離も50,000キロを超えると急激に価値が下がり始めるのです。

できるだけ不必要になった軽自動車を高く売るためには、春を狙い売るようにすると良いでしょう。なぜ春に売ると良いのかといいますと、春は学校を卒業して仕事を始める人が増えるからです。

営業などよく外へ行くような仕事であれば車は必須となります。また、会社まで行くのに車が必要になる人も少なくありません。ですから、この時期は車の需要が高くなり売れやすくなるのです。

また、子供が幼稚園、小学生になるという家庭であれば、今まで自転車で送れる距離だったものがこれからは車でなければ厳しいというような環境へ変わる人も多くいます。ですから、送り迎え用の安い中古車を探し求めるのです。

これらの理由から春に車を売りに出すのが無難だということが分かります。ちなみに、車が売れやすくなるということは、品薄になっていくということでもあります。売れる時期であるため、少し高くても良いから買取したいという業者も増えてくるのです。そのような業者を一括査定であぶり出し見つけましょう。

あと人気の車種であれば価値が下がりにくい傾向にあります。ところが2回目の車検で価値が下がってしまうので、2回目の車検が近いのであれば時期を意識せず早めに売るようにしましょう。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ