HOME » 軽自動車の買取価格相場をリサーチしよう » 車の価値を大きく左右する要素・車種年式について知っておこう

車の価値を大きく左右する要素・車種年式について知っておこう

査定に大きく影響する車種年式

車の買取を専門の買取店に依頼したとき、買取店側は様々なところを査定ポイントとしてチェックしていきます。車種や年式は重要視されるポイントの1つで、これらは査定額だけでなく税金にも大きく絡んできます。

車種や年式などに関する知識をほとんど持ち合わせていないという人は、ここで基礎的な部分だけでも覚えていきましょう。

そもそも年式って何?

車の売買の場でよく聞く「年式」という言葉。実は車における「年式」には、複数の意味があるのです。

車自体の製造年

1つ目の意味として、「車の製造年」があります。ただこれは輸入車における考え方であり、次に説明する初年度登録年月と比較すると使われるケースは極めて少なめです。

ちなみに海外で発表される「◯◯年式」という部分の◯◯の部分には、そのモデルが発表された年が入る場合もあれば、売り出しを開始し始めた年が入る場合もあります。

初年度登録年月

その車が製造された後に登録をされた年を登録年月としたものを、初年度登録年月と言います。軽自動車の場合、「初年度検査年月」と名称が変わります。ここで言う登録とは、運輸支局で検査を受け所有権をハッキリ定める作業のことを言います。その後ナンバープレートが交付され、自分の車として使用できるようになります。

日本においては、この初年登録年月が「車の年式」として用いられることが多い傾向にあります。

車種年式の調べ方

車の年式の捉え方は、上記で説明したように初年度登録がなされた年をその車の年式とします。それを調べるための最も簡単な方法は、車検証のチェックです。車検証には車種やナンバープレート、使用者の個人情報などが記載されていますが、その中に初年度登録年月(軽自動車の場合は初年度検査年月)が記載されています。

このように、車検証には年式を含めその車のあらゆる情報が記載されているので、何かを確認するときにはかなり役に立ちます。

車種年式の経過に伴い下落する買取価格について

国内にはいくつものメーカーがあり、頻繁に新モデルの車が発表されています。それに反比例するかのように、自動車の価値や買取価格はどんどん下落していきます。

その詳細を追ってみましょう。

自動車の価値の下がり幅

車の価値は、経年と共に落ちていきます。これは新車・中古車ともに関係ありません。それに伴い、売買の場における買取価格も同時に下落します。

価値の下がり方は「率」に沿ったものとなっています。例えば、100万円の新車が年間10%落ちる場合、以下のような計算式が成り立ちます。

100万円-100万円×0.1(10%)=90万円

元値が高ければ高いほど引かれる額も多くなってしまうので、新車はある程度年数が経ってしまうとその分、価値及び買取価格が大きく下がると言えます。

この計算だと10年も経つ頃には価値がタダ同然になってしまいますが、市場人気が高く、且つ状態も良い車であれば、車種年式や元値に関係無く高値で買い取ってもらえることもあります。

「もう初年度登録年月から10年近く経ってるから廃車に出そう」と考えるのは、実にもったいないことなのです。

車種年式が更新される日とは

車の年式は、初年度登録年月として定められた年から経年するにつれ、5年落ち10年落ち…となりますが、実は「この日から年式が古くなる」と定められている日があります。それは1月1日です。ですから、初年度登録年月が11月や12月であっても、数カ月後の1月1日には年式的に1年落ちという状態になるのです。

年式が古くなるということは、車としての価値、つまり買取価格も落ちるということ。車の買取を検討しているのであれば、なるべく年を越す前に行動に移すことをお勧めします。

毎年かかる自動車税にも大きく影響

車の年式は、車の価値以外にも影響を及ぼします。その代表例とも言えるのが税金です。

車を所有している人は、自動車税と車検時にかかる自動車重量税の支払いが義務付けられますが、年式が古くなるにつれ、これらの税金額が高くなるのです。理由は「環境負荷が大きい」というもの。

ただし、国内で販売されている全ての車が重課税の対象となっているわけではありません。現在、重課税の対象となっているのは、通常のガソリン車やディーゼル車などで、近年増加傾向にある電気自動車やハイブリッド車、天然ガス自動車などは除外されます。それどころかこれらの車は、「環境に優しい車」として税金の軽減がなされるような優遇措置を施されています。

自動車の売買は年式を意識することが大切

近年、街中で見る車はどれも機能性に優れたものばかりで、大切に乗れば10年くらいは問題なく利用できます。その一方で、年式の古い車に対する税金の重課税は年々高まる傾向にあります。

車を大事に扱って損をすることは無いですが、ゆくゆく買取に出そうと検討しているのであれば、年式をしっかりと意識しながら、そのタイミングを見計らうようにしましょう。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ