HOME » 軽自動車を高額買取してもらうポイントはこれ! » 少しでも高く買ってもらうためにやっておきたいこと

少しでも高く買ってもらうためにやっておきたいこと

車の買取価格は、ちょっとした手間や準備で高くすることができるかもしれません。査定の前にやっておきたい準備について解説します。

車を高く売るためにやっておきたい準備とは?

車の買取価格は、大まかには車種や年式、コンディション、オプションパーツなどが考慮されます。これらは自分の力ではどうにもなりませんが、少しでも買取価格を上げるために自分でできることがあります。

「どうせ手放すからこのままでいいや」なんて言わずに、一手間かけて買取価格を少しでも高くしてみませんか?このページでは、車を高く売るための準備についてご紹介していきます。

浅いキズは消しておく

車のキズは査定価格を下げてしまうので、キズは少ないほど印象が良くなります。

ちょっとした擦りキズなら、コンパウンドなどで消すことができます。板金が必要なレベルのキズは手をつけにくいですが、自分で消せる程度のキズなら消しておきましょう。鍵穴やドアのヘリなどの浅いキズは、消しておいて損はありません。

内装をキレイにする

内装をキレイに保っているかどうかも査定に影響します。普段の心がけによるところが大きいのですが、売る前に一手間かけるのも大事なことです。掃除機でホコリを取ったり、固く絞った雑巾やタオルなどでシートやダッシュボードを拭くのも良いでしょう。

また特に気をつけたいのは、車内のニオイ。乗っている自分は気づかなくても、いつのまにかイヤな臭いがついていたりするものです。濡らしたタオルで拭いたり、消臭剤を使って数日かけて臭いを取ったりすると、印象が変わります。

良い香りがするからといって買取価格が上がったりはしませんが、臭いがきついと査定額は下がります。少しでも臭いを取って、悪い印象を与えないようにしましょう。

将来高く売るためのポイント

そのほかにも、日頃から心がけておくとよいポイントがあります。

付属品は、大切に保管しておきましょう。取扱説明書や整備手帳、スペアキーなどが欠けていると、査定のマイナスになります。また、オプションの取り付けなどで取り外した純正品も、大切に保管しておくとよいでしょう。純正品でないオプションはプラス査定になることが多いのですが、純正品も取っておくに越したことはありません。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ