HOME » 軽自動車を高額買取してもらうポイントはこれ! » ディーラーでの下取りは損!?

ディーラーでの下取りは損!?

車の買取の選択肢の一つが、ディーラーでの下取り。実は、ディーラーでの下取りは価格がとても安く、大きな損をすることも…?

軽自動車を売却するなら、ディーラー下取りはNG!

ディーラー下取りでの車の処分は、手間がかからないことがメリット。古い車の処分と、新しい車の入手が同時にできて、しかもスムーズに乗り換えができるので、「ディーラー下取りでいいかな」と何となく決めてしまう方が多いようですね。

しかし、ディーラーでの下取りは、査定価格が低く、買取専門店を利用した場合と比べて大きな損になってしまうことがあります。では、なぜディーラー下取りは損になるのでしょうか?

売却ルートが弱い

カーディーラーのいちばんの仕事は、自社の車を売ること。もちろん他社の中古車の販売を手がけるディーラーもありますが、専門店ほどの売却ルートやノウハウを持っているわけではありません。

そのため、下取りをした車を売ることができないリスクがあります。高値で買い取ったものを売却できなければディーラーの損失になってしまいます。これが理由で、ディーラーの下取り価格査定は高値をつけにくくなっています。

査定の基準が違う

ディーラーが車の買取査定をする場合に見るのは、年式や走行距離などのコンディション。車種の人気度や、純正品以外のオプションパーツなどはあまり考慮されません。

買取専門店なら、人気車種は高く買い取ってくれます。また、社外品でも優れたオプションパーツがついていれば、値段は高くなります。オプションがついた軽自動車なら、なおさら専門店のほうが高値がつくでしょう。

価格交渉の材料になる

下取りをする代わりに、新車の値引きをお願いしたとしましょう。すると、「新車の割引はできませんが、下取り価格を上げます」という対応を取られることがあります。これは必ずしもディーラーが頑張ってくれたというわけではなく、本当は上げた後の価格で買取ができる、という可能性があります。本来の買取価格まで上げただけなのに、顧客は得をした気分になりますよね。

どのディーラーもそうだというわけではありませんが、相場を知らない顧客に対して、はじめは低い金額を提示する可能性があります。

軽自動車の買取は専門店がベスト!

ディーラー下取りが損になる理由を3つご紹介しました。しっかりとした売却ルートがあり、価値のあるものは高い値段をつけてくれる専門店の方が、高く買い取ってくれる傾向にあります。

賢く車を売って、新しい車の購入資金をしっかり確保するなら、ぜひ買取専門店を利用してみてください!

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ