HOME » 軽自動車を高額買取してもらうポイントはこれ! » 個人売買で軽自動車を売る~名義変更手続きの書類と費用について~

個人売買で軽自動車を売る~名義変更手続きの書類と費用について~

個人で売買を行うことも、軽自動車を高く売るためのポイントの一つです。

個人で軽自動車の売買をする

個人で売買するメリットについて

あまり馴染みのない軽自動車の個人売買ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:買取業者を介入したときより高額で売れる可能性が高い。

メリット2:業者が介入しないため手数料をとられることがない。

メリット3:買う方も消費税を支払う必要がないので買い手が決まりやすい。

メリット4:オークションサイトに出品することで、不特定多数の人に宣伝できる。

個人売買には、たくさんのメリットがあることが分かりました。次は、個人売買で軽自動車を売る流れについてみていきましょう。

個人売買はどのように行う?

軽自動車を個人売買するときの流れについて紹介していきます。

オークションに出品
個人売買を行うときに、よく利用されているのがオークションです。オークションでは、たくさんの方が目に触れるため購入してくれる方をすぐに見つけることが可能です。また、希望者が多ければ、自分が思っていた価格以上の金額で車を売ることができます。車は高額な買い物となるため、購入者も慎重になっていることが多いです。質問や相談を受けたときは、きちんと対応しましょう。
購入者が決定(契約成立)
車が落札されたら、契約成立となります。引き渡すときに必要な書類や、引き渡しの方法などを購入者と確認するようにしましょう。
車の引き渡し
個人で売買するときは、トラブルにならないように注意することが大切です。
お金の受け取り・車の引き渡し方法は慎重に行うようにしましょう。
名義変更を行う
車の持ち主が変わる場合、名義変更をする必要があります。名義変更はとても重要なのでしっかり手続きをするようにしましょう。

次は、個人売買の注意点について紹介していきます。

個人売買の注意点

中古車売買を適切にすすめるためには、売買に関する最低限の知識やノウハウが必要不可欠です。これらの知識が乏しい者同士で行うことが多い個人売買は、トラブルやリスクが多い一面があります。

軽自動車を個人で売買する際には、いくつかの注意点がありますので、ここでみていきましょう。

価格設定に注意
車を売るときは誰でも高くで買取ってほしいと思うもの。しかし、個人で売買するとき車の価格設定を高くしすぎてしまうことがあります。
売買するときは、適切な価格を設定するようにしましょう。その際には、買取業者へ査定を依頼し車の価格を参考にするのもいいでしょう。
また、契約が決まったときは、購入者へ車の確認をしてもらうことも大切です。車に欠陥が見つかった場合などトラブルになることもあるので、しっかり確認してもらうようにしましょう。
ローンの完済を済ませておく
車の売買を行う際は、車のローンをしっかり完済しておくようにしましょう。
必要書類を揃える
個人で車を売買するときは、必要書類を自分で揃える必要があります。必要書類は、車の実取引を行うまでに揃えておきます。必要書類の準備は余裕をもって行い、スムーズに取引ができるようにしておきましょう。
個人で売買する際、売る側が揃えるべき書類は自動車検査証・自動車損害賠償責任保険証明書・印鑑証明書・住民票・戸籍謄本(抄本)・自動車税納税証明書・委任状・譲渡証明書・自動車リサイクル券(支払いを行っている方のみ)が必要となります。
名義変更がしっかり行われているか
個人で売買するときは、車を購入した方がしっかり名義変更を行ったか確認することが重要です。
名義変更が行われていないと、無過失な事故責任を追われるや、未払いとなっている自動車税の請求が送付されるといった、トラブルが起こる可能性があります。そのため、名義変更は早急に行うようにしてもらいましょう。

個人で車を売買するときは、自分で車の価値を決めることができるので、価格設定に不満なく取引をすることができます。

しかし、車の高すぎる価格設定によるトラブルや、名義変更に関するリスクが高いという点もしっかり覚えておくようにしましょう。車の取引を行う際には、買取業者へ依頼することをおすすめします。

軽自動車の買取は業者がオススメ!個人買取のトラブルを紹介

軽自動車の買取は業者に依頼することをオススメします。

個人買取はメリットもありますが、トラブルも多いのです。

具体的には次のようななどのトラブルがあります。

  1. 分割にしていた支払いが途中で滞るようになった
  2. 名義変更が行われておらず自動車税の納付書が前所有者へ届いてしまう
  3. 取引後に車が故障していたと言われる

確かに個人間での買取は、業者を仲介しない分手数料が不要だったり、高値で売れる可能性もあります。しかし、個人間での取引はしっかりとした知識やノウハウがないと難しいでしょう。

よくある軽自動車の個人買取でのトラブル事例3つを紹介!

1.分割支払いにして金銭トラブルに発展
買い手であるAさんから分割支払いにしたいと言われ、一度は銀行の低金利ローンをオススメしましたが、必ず滞りなく支払いをすると言われ承諾しました。
最初の3ヶ月は滞りなく支払いをしてもらっていましたが、その後支払いがなくなりました。
Aさんに連絡をするも連絡がつかず、そのまま支払いがされないままになりました。
分割支払いだけでなく、小切手で支払いたいなどの申出も要注意です。口座にお金がなければ小切手はただの紙と同じことです。
銀行での低金利ローンを組んでもらったり、分割にする場合はしっかりとした契約書を取り交わすことが重要です。
2.名義変更がされず自動車税の納付書が自分のところへ届いた!
Bさんは3月初めにオークションでCさんへ愛車を売却しました。
Cさんで名義変更してもらえるということだったので信じていましたが、5月初旬にBさんの元へ自動車税の納付書が届きました。
Cさんがきちんと名義変更の手続きをしておらず、4月1日時点で車の所有者であるBさんの元へ納付書が届いたのです。この場合はBさんに納税の義務が発生しています。
また、名義変更がきちんとされていない場合にCさんが駐車違反をしてしまうと、Cさんが出頭しなかった際にはBさんへ責任を追及される場合もあります。さらに違約金を支払わなければならないケースもあるので、名義変更がされているかどうかについては必ず確認することが重要です。
3.車が故障していると言われ、損害賠償や契約無効を言い渡された!
Dさんは、Eさんとネットを通じて個人間で車の売買を行いました。車に故障歴や事故歴はなく、取引の日まで問題なく使用していました。
Eさんとは支払いも名義変更も問題なく終えており、ホッとしていたのも束の間、Eさんから「車のエンジンが故障している。瑕疵担保責任により契約を無効にしたい」と連絡がありました。
瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、欠陥があった場合に売り主が買い主に対し責任を負わなければならないことです。
取引の日まで車は問題なく使用できていたので、Dさんにはまったく納得がいきませんでしたが、エンジンなどの目で見てわからない部分の故障は瑕疵担保責任に当たる可能性があります。

国民生活センターでも個人買取の相談が増えている

国民生活センターの調べでも、中古自動車に関する相談件数は年々増えてきています。

大切な愛車は気持ち良く買取してもらいたいものです。個人間での買取トラブルを避けるためにも、きちんとした経験とノウハウを持った業者への買取依頼をオススメします。

名義変更に必要な書類と費用について

個人売買で必ず必要となる、名義変更に必要な書類や費用について解説します。

名義変更に必要な書類

名義変更をする際には、まず書類を揃えることから行います。

自動車検査証
名義変更の際に必須となる書類です。
自動車検査証はコピーしたものではなく原本を用意します。
印鑑
車を使用する方・所有する方の印鑑が必要です。
また、旧所有者の方も用意しておくようにしましょう。
個人の場合は認印・法人の場合は代表者印を用意します。
※使用する方・所有する方が同じである場合は、同じ印鑑で可
※自動車検査証記入申請書の欄に押印してあるものでも可
住所を証明するもの
個人:住民票(マイナンバー記載なし)
法人:商業登記簿謄本(抄本)、登記事項証明書
自動車損害賠償責任保険証明書
印鑑登録証明書
車両番号標(ナンバープレート)
※変更のある方のみ必要となります。

軽自動車検査協会で行う手続き書類

下記の書類は軽自動車検査協会の窓口で書類をもらうことができます。

  • 自動車検査証記入申請書
  • 自動車取得税申告書
  • 軽自動車税申告書
  • 事業用自動車等連絡書(事業用として使う方、車を使用しなくなる方)

名義変更にかかる費用

名義変更には、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、気になる費用についてみていきましょう。

  • 移転登録手数料・・・500円
  • 車庫証明書費用・・・約3,000円
  • ナンバープレート代・・・約1,500円
    ※変更する方のみ。また番号に希望がある場合は、5,000円以上かかることもあります。
  • 自動車取得税・・・自動車を購入した方が支払う税金です。
  • 名義変更代行料・・・業者へ名義変更を依頼した際にかかります。

軽自動車の名義変更の流れについて

名義変更で必要な書類の確認ができました。次は、名義変更の手続きの流れについてみていきましょう。

名義変更を行う際には、必要書類を受け取って各提出場所へ申請する必要があります。行くべき機関は警察署・軽自動車検査協会・税事務所・保険会社の4個所です。

警察署

車を購入したときには、車の保管場所を警察署へ申請する必要があります。そのため所轄の警察署へ、保管場所届出を提出しなくてはなりません。

しかし、保管所届出は地方の自治体によって対象地区が変わるので、しっかり確認するようにしましょう。

軽自動車検査協会

※ナンバープレートを変更する方は、ここで取り外しを行います。

名義変更を行うのに必要な書類は下記の通りです。

  • 自動車検査証
  • 旧所有者の認印
  • 新所有者(使用者)の認印
  • 新所有者(使用者)の住民票
  • 自動車損害賠償責任保険証明書

軽自動車協会で書類の記入をしていきます。

  • 自動車検査証記入申請書
  • 自動車取得税申告書
  • 軽自動車税申告書
  • 事業用自動車等連絡書(事業用として使う方、車を使用しなくなる方)

記入後、窓口へ提出します。新しい車検証が交付されるので、名義変更が正しくされているか確認してください。

税事務所

税事務所で自動車所得税の計算をして、税金の支払いを行います。そしてナンバープレートの料金を支払い、車検証の番号と同じであるか確認して取り付けます。

保険会社

自動車の任意保険に加入している場合は、自動車損害賠償責任保険の名義変更手続きが必要となります。保険会社の名義変更は忘れる方が多いので、必ず確認しましょう。

※名義変更は早めに済ませるようにしましょう

買取業者なら名義変更も簡単

個人で軽自動車の売買を行う際には、買取業者へ依頼するとトラブルの心配もありません。また複雑な名義変更手続きに関しても、買取業者へ任せておけば、書類を揃えておくだけでいいので手間がかかりません。

安心かつ迅速に買取手続きができるという点でも、買取業者を利用するメリットは大きいのです。

高く買ってくれるのはどこ?軽自動車買取業者を車種別で比較しました!詳しく見る
ページトップへ